私たちについて

ミッション

プールにあるたくさんの
「できない」を「できる」に変える

たくさんの「できない」問題。

ソフト・ハード・マインド面でプールの利用を妨げている事象のこと。

ソフトの問題 利用しづらいルール
例)公共プールの「化粧禁⽌、帽⼦着⽤、おむつ(プール⽤含む)の取れてない場合は⼊場禁⽌」というルール
ハードの問題 利⽤しづらい施設
例)段差がある、スロープがない、障がい者⽤トイレがない。
マインドの問題 プールに対する認識
例)プールは泳ぐところ

私たちはこれらの課題を研究・広報・提言活動を行うことで解決し、
現在プールにあるたくさんの「できない」を「できる」に変えていきます。

ゴール

プール前提社会の実現

プール前提社会とは?

⼈⽣を豊かにする⼿段として⼈々の選択肢にあたりまえにプールがあり、誰でもあたりまえにプールを利⽤できる社会
=⽇本の健康を⽀える⼀助として社会の仕組みの中にプールがあり、⼈々の⽣活にプールが必要となっている社会

ビジョン(ゴールを達成したときに実現する社会)

生活のあらゆる重力から解放され
その人の生きている時間が豊かになる社会の実現

1.生活のあらゆる重力

体が感じる「重力」と心が感じる「ストレス」という2つの重さのことです。

2.生きている時間

長さではなく、その人が生きている間の時間そのものを対象とします。

3.豊かになる

生活の質(QOL)の向上

からだ:浮力などの効果で、陸上よりも楽に大きく動く
こころ:副交感神経優位によるリラックス効果

重力による身体の課題(重力下では歩けない、肩こりや腰痛などの生活課題)と心が感じるストレスから解放され、人々が自分の望む生き方を生きる活力を得ることができる。

代表あいさつ

私がNPO法人を立ち上げた理由

プールサイドに置かれた車椅子。
でも、プールの中を見ると、いったい誰のものなのかわかりません。
プールの中では誰もが「立って」いるからです。
この障がい者スポーツセンターでの体験が、
私がNPO法人を立ち上げようと思った「原点」です。

プールって、もっとたくさんの人を笑顔にできる、
とんでもない可能性を秘めたものなんじゃないか?
この「?」からスタートした活動に1人また1人と仲間が加わり、
NPO法人日本プール利用推進協会は誕生しました。

理事・正会員紹介

  • 副理事横山三純

    プールで日本を変える!
    水中の効果は陸上と違い重力が少なくなることです。その感覚を身近に味わえる事が出来るのがプールです。陸上では出来なかったことが水中で出来る!立つことや歩くことを諦めてしまった方々にもう一度自由に動く時間を体験して欲しい!プールの良さを研究を通して実証し、もっと身近にプールが利用できるように今ある制度を変えていきます。

  • 副理事西川隼矢

    高齢化問題をプールで解決する社会システムを創りたい

    超高齢化社会の日本において、今後深刻化する問題が「医療費逼迫」「介護士不足」です。
    私はプール利用を増やすことが「要介護者を増やさない」の一助になると考えています。
    なぜならば「適度な全身運動を高齢者が”一人”でも行うことができるのは重力から解放されたプールだけ」だからです。
    中立の組織であるNPOが間に入ることで、国や自治体がプール利用を勧める社会システムを創れると考えています。
    私は「社会問題をプールで解決できない」を「できる」に変えていきます。

  • 正会員中西悠子

    プールの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。

    プールの当たり前を当たり前でなく、自分がやりたい事をできるプールが欲しい。老若男女できるスポーツ、リハビリでも使われるプールは無くてはならないもの。たくさんの魅力が詰まったプールを増やしたい。プールで人を笑顔にしたい。

  • 正会員織田智子

    日本のプールを"優しいプール”にしたい!

  • 正会員岡崎寛

    日本のプールを変えよう!

  • 正会員藤田ひとみ

    障害をもつ子どもたちにプールの楽しみを伝えたい

    子どもたちは、みんな遊ぶことが大好きです。特に自分の身体を動かす遊びは、発達する上でとても大切な事です。
    障害をもつ子どもたちにとって水の上で浮かんだり、肌が触れ合うことは心身を育む上でこれ以上ない遊びとなります。
    今は様々な問題で残念ながらプールとの距離が出来てしまっています。この状況を何とか突破したく、本NPOとして活動して参ります。よろしくお願い致します。

  • 正会員酒井泰葉

  • 正会員辻村尚子

    ①気軽に使えるプールを増やしたい
    ②老若男女、誰でも運動にプールが使える未来を仲間とともに目指していきます。

  • 正会員村上浩宣

    健康づくりのためのプール活用 健康とは肉体的にも精神的にも、そして社会的にも良好な状態。 つまり、若年層では「楽(たの)しく」中高齢者では「楽(らく)」になる状態と思っています。
    それは老若男女、すべての人に当てはまり、水(プール)という環境はすべての生命にその恩恵を与えてくれるものだと思います。
    水(プール)にはその可能性があり、その可能性を広げるための活動につながればと願っています。

活動実績

PageUp